外国車の燃費

外国車の燃費

 

外国車は日本の車と比較して、燃費は悪いと言われていますが実際どうでしょうか?

 

確かにアメリカの車はガソリンをガンガン消費しています。

 

あまりアメリカ人は燃費のことを考えている人はいないようです。

 

しかし、ヨーロッパでは日本の軽自動車クラスの車が人気を集めています。

 

一般の人が持っている外車のイメージでは、燃費のいい車はありません・

 

この話題についてはいろいろなサイトで見ることができます。

 

日本の車の燃費はカタログに掲載されています。

 

ただ、その数字は実際に運転している人にとってはかなり違っています。

 

カタログ上の燃費と実燃費は大きく差があるのです。

 

それでは外車の場合はどうなのでしょうか。

 

実は輸入車の場合は、カタログ値と実燃費にあまり差がないです。

 

日本車のカタログ値の6割程度が実力だとしたら、その値と外車のカタログ値を比較することが正しいといえます。

 

それでは日本車のカタログの燃費はどう考えればよいのでしょうか。

 

メーカー間の誤差をなくすために厳密な測定方法が考えられているのがメーカーカタログです。

 

それが実態に合わないのであれば意味がないですよね。

 

どの車が本当に燃費が良いのか、消費者にわかりません。

 

一般的に外車の方が排気量は大きくなっています。

 

そのため、燃費も悪くなるのですが、排気量で比べてみるというのも一つの考え方です。

 

あなたが外車を購入しようと考えているならば、燃費について十分検討する必要があります。

 

外車の買い替えなら、車買取専門店の一括見積もりを利用してみてください。

 

→ 外車査定